スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またひとりぼっちの…

夜。

実家帰ってやったことといえば洗いもの1回ぐらいであとは晩ごはんの買い物に付き合ったり、バイキング行ったりとそこまで疲れるようなことはしていないし、帰ってからは(家族と雑魚寝のため)夜更かしできなくてよく寝てたと思うんだけど…今超眠い。超とか言っちゃうほど眠い。
目がぁ…目があああ><

実家に帰るのって疲れるんだな。実家って言っても私が小4~大学卒業まで暮らしてた本当の実家はもうないんだけどね。
ニートの父親が家賃払えなくなって自己破産→競売物件いき。

お母さんは運良く市営住宅に入ることができた(新設ですごく綺麗なところ)けど、そこでの暮らしは気に入っていないみたい。ずっと市営で暮らしてきた人とは文化が違うみたいで。
500万円の競売物件になってしまったあの家には、引っ越してすぐに飼った犬(今はもう死んでしまってこの世にはいない)の思い出がたくさんあるからだそうだ。


犬との良い思い出ばかりじゃなく、父親がアル中で暴れた思い出とか、父親が酩酊状態で車を発進して他人の車にぶつけて行方を眩ました思い出とか、ろくでもない思い出ばかり。

ここに引っ越す前までは本当に普通の家庭だった。

父親はその頃から給料をちょろまかしていたらしいけど、遊びの女もいたみたいだけど、そんなことわからなかったし、並の旦那・父親だった。

もっと小さいときはいっぱい遊んでくれた。自分の好きなアニメやゲームのおもちゃを弟とおそろいで買ってくれて。

今、よかったことも嫌だったことも思い出す。嫌なことにはもう慣れたけど、よかったことを思い出すと切なくなる。

あの人は悪人ではない。

ただ、育った環境が悪すぎた。

父親になるべき人じゃなかった。

頭が悪すぎた。

根性が無さすぎた。

生まれる場所を間違えなければ、多分並の旦那・父親のままだった。

最初の仕事をやめなければ、多分ニートにはならなかった。

そうしたらどうなっていただろう。

私は別に片親であることを何とも思っていない。気にしたことはまだないし、今後も理解ある人と付き合って結婚すれば問題ないと思う。

ただ、もし父親が道を間違えなければ、まだ両親はなんとなくでも一緒にいたかもしれない。

並の家庭がそこにあったかもしれない。
そう考えると何とも言えない気持ちになるよ…
スポンサーサイト

Comments

ちょっと事情があって、ブログ閉鎖したお(*´д`*)
また再会したら、連絡すんね~☆

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。