スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の晩のこと

眠れずに朝まで起きていたせいで、宅急便の受け取りと配送(不要な衣装を売るため)は済ませたけれど、

クレジットカードをなくして定期を買えず、簿記の申し込みにも間に合わず…orz
明日からのことを考えるととても憂鬱だった。

憂鬱なのは土日によくあることで、無気力・なげやりなのは日曜日のこの時間帯にはよくあることなんだけど、我慢しきれず彼氏にぶちまけた。

『たすけて』って。

少しずつ不安を言葉にしたら糸が切れたようになってしまって、

最初はぽろぽろ出ていた涙も途中から止まらなくなって、しばらく泣き続けた。

遠くにいる彼には電話ごしに私を励ますことしかできない。
私に『電話を切ったら私はまたひとりだ』なんて言われて、辛かっただろうと思う…


『いつも考えている』と言われたって、本当に孤独に怯えているときにあなたはそばにいない。

別に言葉なんていらなくて、ただそばで手を握ってくれるだけでいいと思うことが多いのに それは叶わない。


彼のせいではない…今離れて暮らしているのは私たちが選んだことだ。

それでも本当に辛いときには、遠距離の残酷さが看に染みる。


あたし、コスプレを初めて、本当に良くなった?

結局人と人との繋がりだから、疲れることも、嬉しいこともあって何とも言い難いけど、

ひとりで部屋に閉じこもっていては得られない、刺激と自信をもらえるからと、
今のあたしがその趣味に取りつかれ、すがっているのも確か。


その分だけ世界は遠くなる。

会社にいても移動中でも私の意識は支配される。

心の隙間を埋めてくれるのは確かだけど、もう少し現実とのバランスをとらなきゃいけないよね…。
スポンサーサイト

Comments

まなへ

もぅ頑張りすぎ(´ヘ`;)
無理したらあかんょ
彼にだって甘えるだけ甘えたらいいねん
ありのままの自分でぶつかれる人なんてそうたくさんいるわけじゃないんやからね

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。