スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢

朝4時まで電話して、寝たのは朝5時で

昨日のことは断片的にしか覚えていなくて、遠い夢のよう

悪夢のような時間を過ごしたときは、いつもそんな感じ


私が私の世界を追いかける限り、あなたとはうまくやれない

全部許して付き合い続けるなんて無理なんでしょ


お前の周りには男しかいないね、お前が女だから優しくされてるんだよって昨日も言ったよね

私は全てそういうのではないと思ってるけど、何にしても必要とされている・受け入れられているというのは気持ちいいの

普段の傷を癒すためにもどこかに居場所を作って存在を確認するのが一番いい方法だと思っているから辞める気はない


君が好きになったのはそういう女なんだよ


別に女の子の友達だっていないわけじゃない

今の環境的に遊びに誘ってくれる人が会社の男の子か大学の友達かコスプレの友達になっちゃうだけ

私ひきこもりだし、自分から誘うことはあんまりしないから


そんな私が気に入らないなら、棄てればいいじゃない

別れる気は私にはあったんだから

嫌がって全てを許すとか無理なことをしようとしたのはあなたのほうだったよね


自分の気持ちを押し付けて『心配している、お前を思いやっている』なんて言わないで


あなたと私は本当に合わない

お互いに傷つけあうことしかできてないじゃない


好きだけど、大事に思っているけど、きっと寂しくなるだろうけど、もう別れたい

別れなきゃいけない気がする


いろんなもの背負い過ぎて疲れたよ

気を遣う余裕なんてないよ


いま私が一番大切なのは自分です

ご期待に添えなくてごめんなさい


コスプレするのも遊ぶのも自分を安定させるため

不安定な自分が生きていくために必要なもの

少なくとも、今は


あなたが煙草やお酒をやめられないのと一緒


理解されないでもいいけど、満たせないなら私から奪わないで







呻くほどつらい恋愛は初めてです

このまま続けた先に一体何があるのかな

こんな優しくない彼女、早く見切りなよ

そうすればお互い傷はひとつずつで済むのに

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。