スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識の通用しない町

今日、子供3人ぐらいでUFOキャッチャー(というかお菓子がぐるぐる回ってる丸い機械)をガンガン叩いていたので、

その場にいた保護者(叩いていた子供たちとは多分血は繋がっていないなら監督者にあたるのかな)に


『機械を叩くと故障に繋がるので…』


とやんわりと声をかけた。


私は、明らかにお客様が間違っている場合でもビビりという性質上、強くは言わないようにしているし、今日もそうしたつもりだった。



ところがその保護者(いつも声をかけてくれる常連)は

『なんで俺に言うんや俺は叩いてないやろ人見て言えやボケが


とキレ出した。



びっくりしてとりあえず謝っておいたけど、怒りは収まらなかったらしく、ぎゃあぎゃあ喚いた後、遠くから私を睨みつけながら機械をガンガン叩いて(←結局叩いてるやん、お前…)いた。



『自分は叩いてないのに叩いたと疑われた』というのがその人の怒りのポイントなのだろう。



でも私は問題はそこではないと思う。


私は確かに子供が叩いたのしか確認しなかった。でも子供が叩いている→このグループを注意しなければ、という流れで保護者役の大人に声をかけただけだ。保護者が叩いたか叩いてないかは正直関係ない。


普通、自分が叩いていなくても自分の連れている子供がお店のルールを守っていなければ、注意するものではないのだろうか。


その場にいる大人にやんわり一言かけた私の対応が間違っていたのだろうか。


直接子供を怒るべきだったのか。





今バイトにきているお店は町ごと柄が悪いことで有名だし、お客様にキレられたのはこれが初めてではない。



でもものすごくびっくりして、ショックで泣いた。もうこんな仕事嫌だと思った。


こんなことでいちいち凹む弱い自分ってちっちゃいなぁ、情けないなぁって思うけど、何回あっても慣れないみたい。




自分の常識は他人の非常識なのだろうか。



自分が間違っていたのだろうか。



どうすればよかったのだろうか…。



段々自信がなくなってきて、しばらくはごはんを食べずに更衣室にひきこもって泣いて、

落ち着いてから社員さんに事情を話して聞いてみた。
スポンサーサイト

テーマ : 職場の愚痴こぼし・毒吐き場 - ジャンル : 就職・お仕事

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。