スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの微笑みは薔薇色の鎖

来週また彼氏が来ます。

おいしいもの食べて、楽しい時間が過ごせたらいいと思う。


先のことは考えられないけど、今自分の目の前にいる人を、できる限り、いやできる範囲で(もう本当に無理だ、ライバルの誰かにあげてもいいと思えるときまで)大切にしようと思う。

大切にしなくちゃ、いけないんだと思う。


他の誰かが近づいてきてる話(職場の知り合い・元カノのアプローチ)とか、昔好きだった人が私の知ってる人だった話とか聞くと、まだイラッとしたり、ショック受けたりするもんね。


たぶんいなくても大丈夫だけど、相手がこんな暇さえあれば寝ている小汚ない女を必要としてくれるうちは、無理に別れることもないのかなぁ、と。


いつまでも優柔不断だな、あたし。


でも本格的に仕事に取り組んで帰りが遅くなり始めたら、また余裕がなくなって、

生活を侵害される(睡眠を奪われる)ことに苛々



重い!別れたい!

となる気がするよ…。


本当はどうしたいのかな、あたし…。

こんなに気分に左右される女だったっけ。


ただ、あたしは蝶々さん同様、【自分らしく生きるため】には彼氏と別れなきゃいけないんだと思う。


自分らしく生きられないんだ、彼のプレッシャーの下だとね。

直接縛られるわけじゃなくて、細いピアノ線か目に見えない紐で縛られてる感じ。

相手は直接縛らなければいいと思っているから、たぶん私がまたキレない限りはずっとこのまま。


この窮屈さがなくなればいいのにな。

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。