スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別試遊会

昨日の話。


昨日は業務終了後、とある未発売ゲーム(もう雑誌やメディアに情報は出てるけど、発売日は未定)の試遊に行ってきました


T☆S以来、仲良くさせていただいている、開発陣の方々の作品です。

といっても、私が知っているのはプロデューサー、ディレクター、キャラクターデザイナー、同期の企画の人だけなので、

チームの方々とちゃんとお話させていただくのは初めてでした。皆様、とても気さくな人たちでした。



ゲームの試遊の感想は正直に喋ってきました。

ライトユーザーっぷりを露呈してしまい、恥ずかしかった(一緒に行った友達♀はやりこんでいてプロ級)のですが、

『消費者に近い私たちの生の声が聞けて大変参考になった』

と、お礼のメールがありました。お優しい…。


私自身もMtg(試遊結果の分析会?)に参加させていただき、開発の過程や熱意に触れることが、とても新鮮でした。

楽しかったです。



ゲームに限りませんが、何かを形にして消費者に届けることは本当に大変なこと。

ファンの多いシリーズものや、期待度の高い作品となれば尚更。


休みなしで働いていても、発売前に(期待度や公開されている情報だけで)レビューを書かれたりもするし、

名前と地位のある方に関しては、名指しの批判の対象になることも…。


確かに匿名だからこそ、ネット上には本音を書きやすい。

開発陣もそれはわかっているので、参考にしていることもあるようです。


だから『開発の目に触れるかもしれない』と、ゲームへの思いを書くのは、(批判的な内容であっても)間違っていないと思います。


自分の個人的な意見が、参考になることは大いにあると昨日感じたし…まぁ、実際に反映されるかは別として。


でも、だからこそ、覚えておいてほしい。

ネット上での名指しで批判も、本人が見ているかもしれないということ。


昨日、知っている方の名指し批判を目にし、心が傷みました。


言うのは簡単だけど。
その人の何を知っているの?


メディアに名前や顔が出るというのは、そのリスクを負うということであるし、

作品制作の指揮をとるということは、その責任を取るということ。

彼らはきっとわかっていると思うけど。


週7で働く彼らを見ていると、余計なお世話だとしても、そう感じずにはいられないのです…。


負けずに、頑張ってもらいたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 楽しく働く - ジャンル : 就職・お仕事

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。