スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぞく

しばらく家族から離れていたし、家族形態がほぼ変わっていないからあんまり意識してなかったけど、

私って、片親なんですよね。

お父さんがいないおうちの子なんだな…社会人1年目だし、もう『子』っていう年でもないけどw


中学のときから家庭内別居だったし、父にも母にも好きな人がいたから、そんな状態に慣れっこだったけど、

去年の末に正式に離婚して、生活保護や母子手当はもらってなくても市営住宅に住んでて、

結婚するときには父親側の親族がいなくて…。


それがどういう意味をもつのか、想像はつくけどやっぱりわからない。

そんなことが障害になる環境にはないし、私が好きになる男や仲良くなる男はたいがいいびつな家庭環境で育ってるから、わかりあえるし、結婚するにしてもお互い様だろうし。

家庭の問題で苦労しながら一生懸命生きてきたことが自分という人間の魅力のひとつ(歪な家庭環境で育った男が寄ってくる原因でもあるけど)なんじゃないかなと。



人を信じられない孤独な人たちが私を光だと言うのは、私のもともと持っている明るさやポジティブな考え方のおかげだと思うけど、

そもそもそういう人たちと世界が交わる機会があるのは、私の育った環境とそれによって形成されたネガティブな性質のおかげだと思う。


本当なら私は自分のことしか考えない、ただわがままなだけの人間だったかもしれない。

心が傷ついてボロボロの人の支えになんて、希望になんて、なれなかったかもしれない。

あれがなければあんな嫌な思いをしなかったし、変にドライになることもなかったんだろうけど、

良いこともあったんだから前向きに受け止めなきゃね。



離婚してもお母さんはあまり幸せそうではないけれど(子供が2人とも家出たしな…)、気楽そうだし、元気そうだ。

父親が家にいて、次々とトラブルを持ち込まれるよりは今のほうがよっぽどいいのだと思う。父親とは未だに連絡が切れてないみたいだけど、もう赤の他人だから何かをかぶる必要もないしね。


お母さんが再婚して幸せになってくれたら一番いいんだけど、残念ながら期待できない。
性格的になさそうなんだよな…。


父親にも苦労させられたけど、不幸は望まない。どうかまともに働いて、人並みに幸せになって下さい。

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。