スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺を好きになってくれ

口説かれた。

午前2時の車内で、唐突に。


返事を渋ったら、

『俺を好きになって。お願いだから』

と言われた。


『付き合って』と言われているだけなのに、結婚を迫られているぐらいの重みを感じた。

私は私で、返事を渋っている割に、繋いだ手を離そうとはしなかった。



頭の中で、うまくいかなかった彼と同い年・同じ仕事をしている元カレや、タクミの心変わりや、グレーなふみのことを思った。

今頃ひとりで頑張っている春樹や5日で見初めてデートに誘いまくってくれているバイトさんのことも。


別に彼の気持ちが信じられなかったわけじゃない。

今まで人をあまり好きになれず、好かれるばかりの恋愛をしてきた人の‘本気’が痛いぐらいに伝わってきたから。


決断しきれなかったのはたぶん、自分自身の感情がわからない&信じられないから。

めんどくさいことは考えないようにしていたから。



『この俺(人に本気になれず、普段自分から好きになったり告白したりしない俺)が言ってるのにだめなのか』
『…お前は俺のものだ』

等々自信ありげな言葉と、

『俺なんかでいいのか、不安になる。こんなのでごめん』

と自信なさげな本音を混ぜて喋る彼。


そんな彼を救いたいとか、彼がいると安心するとか、ドキドキするとか、自分のものだとか、わかっている気持ちはたくさんあるけど、それだけでは恋愛できない。


断るっていう選択肢は最初からなかったような気もするけど、

スキのベクトルがどの方向に向かっているのか、感じ取ろうと私は必死になっていたように思う。

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。