スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメ本

こないだ会うまですっかり忘れていたんですが、私は春樹に乙一(寂しさの周波数)を貸していたらしく、『銀河鉄道の夜』の英語版をもらいました。


私もなんか好きな本でお返ししたいと思い、『星の王子さま』をプレゼントしようと思ったのですが、春樹は既に星の王子さまを愛していたので(w)、宮部みゆきの『ブレイブ・ストーリー』に変更し、近所の本屋さんを探してみました。


残念ながら品切れだったので(いい本だもんね、仕方ない)、乙一の『失はれる物語』にしておきました。


『寂しさの周波数』に同じ話が2つ入っているのが残念だけど、『失わはる物語』は私の好きな話(しあわせな子猫のかたちとか、今映画化されて話題になった傷-kids-とか君にしか聞こえない-calling you-とか)がギュッと詰まった、いいトコ取りしてある本なので、まぁ間違いないでしょう。

現に春樹は乙一に自分と似たものを感じているようですから。


春樹にもらった本もそうだけど、読みかけでおいてある東野圭吾の『虹を操る少年』とか、弟に借りっぱなし(むしろ借りパク状態)の『ホームレス中学生』等々、読みたい本がたくさんあります。

最後にゆっくり読書なんてしたの、いつだろうにゃぁ。

本って心に余裕がないと読む気にならないんですよね…(;・ω・)(・ω・;)



上記で触れた本はオススメですので、読む本に困ったらぜひ。


あと今思いつくところでは、江國香織の『きらきらひかる(軽い)』、奥田英朗の『インザ・プール(重い話を軽く書いてある)』、重松清の『舞姫通信(テーマは自殺。重い)』、石田衣良の『うつくしい子ども(重い話を軽めに書いてある)』なんかも私は好きです。


さて、多少クラクラするけど彼氏と会ってきますか。
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。