スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の告白

混乱していてうまく書けないけれど、今日友達だと思っていた男の子に告白されました。

『初めて見たときからずっと好きで、今もずっと心に残ってる』

『俺は人の本質を好きになるか、まなみが自分らしらを失わない限りはどんなまなみでも受け入れられる』

『二年前の自分には自信がなかったから肝心なことが言えなかったけど、自分で何でもある程度できるようになって、まなみを幸せにする自信がついたから言おうと思ったんだ』
『彼氏がいるなら本当は言わないつもりだったんだけど、迷う余地があるなら、彼氏とのことを片付けて、自分の足でしっかり立って、それから考えてみてほしい。俺はそれまで誰とも付き合わずにひとりで頑張るよ。1年でも待つから』

『俺たちはお互いに心に穴が開いているけど、俺はまなみがいるなら埋められると思うし、俺もまなみの穴を埋めてあげることができたらどんなにいいかと思う』



・・・


衝撃的でした。

動揺して、『好きだ』と連呼されると照れて顔が見られなくなりましたが、ただただ単純に嬉しかったです。


今までにこんな大きな気持ちを突然告白されたことはなかったし、こんなに男の子に想われたことはないんじゃないかって思いました。今までされた告白の中で一番情熱的で、一番感動しました。


今までは自分の好きな人と両想いになって告白されるか、全然好きじゃない人に告白されるかのどちらかしかなかったから(美形オージーのナンパは除く)、YesともNoとも言えない、こんなグレーな気持ちも初めてだったの…。



彼は今日、私に気持ちを伝えるためだけに、私に会いにきてくれたのだそうです。


蜜柑にも言われたけれど、そんな彼がとてもかっこよく、たくましく思えました。

今まで私が見ていた、心配していた頼りない彼とは表情も言っていることも別人みたいだったけれど、こっちが本来の彼に近いのだと思います。


私と対等になりたい、私に近づいて私の気持ちが知りたい一心で、這い上がってきたんだそうです。


今すぐ気持ちに応えることができないし、時間が経っても確実に気持ちに応えられるかどうかはわからないのに、こんなに想われている私は幸せ者ですね…。

なんか好きだという真摯な気持ちだけ受け取って、自分は何もかも正直に打ち明けて待ってもらうなんて卑怯だけど。

スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。