スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業間近の大学生より

もうすぐ1月が終わろうとしています。


高3生は受験、短大の1年生と大学3年生は就活で大変な時期ですね。


将来の自分のために、今できる限りの努力をして下さい。たくさん苦労して、挫折して下さい。今は苦しくても、そこから得られるものは必ずあります。



もしうちの大学(や似たような私立の外国語大学)に行こうかなと考えている人がいれば、しっかりと目標を持って入学して下さい。


長期留学したいなら、IESに入りたいなら、フライトアテンダントになりたいなら、いっぱい勉強して、いっぱい努力して下さい。



特にやりたいことのない人にはうちの学校はオススメしません。


授業選べば単位はチョロいし、卒論ないし、4年なんてあっという間に過ぎて、友達と遊んだ思い出以外、何も残せません。正直言って、学費の無駄です。


(そんなに有名でもない私立の)大卒という肩書きのみに400万払うなら、サボリ学生の学費を利用して長期で留学しましょうよ。どうせ同じ学費を払うなら、活かせるチャンスは全部活かしましょう。

「行ってよかった」、「お金出してよかった」って思える(親に思ってもらえる)かどうかは、大学の名前や質よりも自分の過ごし方次第だと思います(そりゃあ大学名はあった方がいいけどね)。


外国語大学や英米語学科の場合、目標というと「留学」を挙げる学生が多いけれど(私もそのうちの1人でした。中学のときからの夢だったので。)、別に留学じゃなくてもいいんです。


卒業までにTOEIC900点とか、3年間ずっと1番上のクラスとか、エアライン業界に行くとか、何でもいいんです。例え叶わなくても努力は無駄にはなりません。入学したときよりも進歩していれば、少しでも目標に近づけていれば、それでいいんだと思います。


バイトは確かに大切だけど、『4年間で1番頑張ったことはバイトです』なんて就職試験の面接で言わないで下さい。もちろん就職試験のために何かに打ち込むわけじゃないけれど、しっかり目標をもって勉学に励んでいれば、就職試験なんて怖くありません。


たいした学歴もないくせに有名メーカーを受けまくって落ちまくっても最後にはどうにかなるんです。当時はどうにもならないような気がしていたけれど、終わってみてそう思えるようになりました。


企業はあなたのその姿勢と実際に経験したことや勉強してきた内容を見て、「投資する価値があるか・伸びるか・会社に合うか」を判断します。何千人・何万人といる志願者の中から自分を見つけだしてくれ、採用してくれる企業は必ずあります。


英語の道に進むからには、夢で英語を話すまで、英語が嫌いになるまで勉強して下さい。勉強すればする程、広い世界を知れば知る程、自分の未熟さに泣くことになりますが、それが自分を強く大きくしてくれます。


英語だけじゃなく、日本語も勉強して下さい。本を読んで下さい。漢字の勉強もして下さい(これは自分にも言えること。誤字かっこ悪い)。日本の文化や歴史をもっと知って、外国人に教えてあげられるようになって下さい。


外国や外国語を知ることで、日本の良さも感じられるようになって下さい。私たちは恵まれているんです。それは今見えている世界より更に外を見ないとわからないことです。


今、ある程度自分の英語力に自信のある人は、他の学生から英語以外のことを学んでください。私は校内やバス・電車の中でよく他の学生のファッションを見てました。オシャレな人も美人も多いんですよね。今でもオシャレではないけれど、入学当初よりはだいぶマシになりました。目指してた最低レベルにはなれたかな。





色々経験して、感じて、自分の肥やしにしていって下さい。


偉そうなことを言っている割に、私も100%の力で頑張ってきたわけではありません。遅刻もあったし、サボりもあったし、卒業までに経験したかったのにできなかったこととかたくさんあります・・・・・・・・。英検準1級も秘書検定2級もTOEIC900もTOEFL600も取らずじまいだし。こうやって書くとダメっぷりが伝わってきますね。



私もまだまだこれから色々なことを経験して、強く大きくならなければと思っています。


勉強に終わりはないんですよね。
スポンサーサイト

テーマ : 受験 - ジャンル : 学校・教育

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。