スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクロスとは何ぞや。3

とにかく私はセクロスとは本能的な“行為”だと思っていた。

夢中でお互いを求め合う行為だったり、片方がもう一方を支配する行為だったり、好きになってくれ!という気持ちを込める行為だったりと、

セクロスに懸ける思いは様々だけど、ただのロマンチックでエロい“行為”なんだと思ってた。


だから私にとってはその後にあるマターリした至福の時間(一緒に寝たり、お風呂に入ったり…)の方が大事で。

でも。

今の彼・蛍と付き合って、セクロスへに対して新たな見方ができるようになった。

セクロスって愛を確かめ合ったり深め合ったりする“コミュニケーション”でもあるんだってこと、蛍に教えてもらったの。


会話があったり、間があったり、笑いがあったりする分、多少グダグタなんだけど、

夢中で求めあうところは激しく求めあって、ふざけるところはふざけたりしてなごやかな雰囲気になったり(たまに冷めたり?w)して、

なんか、セクロスの新たな側面というか可能性というかを発見した気がするのよね。


キスもセクロスも蛍とは“したいときにする気持ちいいコミュニケーション”のよう。

元彼たちと情熱のみで突っ走った時間も悪くはなかったけど、

やっぱりお互い幼かったのかなぁと今になって思う。



だって21の男と29の男ってやっぱり全然違うんだもん。


29歳って遊んでなさそうでもそういうことに対して変に余裕がある。よがるような可愛げがほとんどない(あるのかもしれないけど見せない)。最初、ちょっと自信なくしたもん。


どっちがいいかは一概には言えないけれど、マターリ派の私には性欲で相手が見えなくなる21歳よりも、がっつかずに多少余裕をもってラブ・コミュニケーションしてくれる29歳の方が合っている気がする。セクロスの幅も広がると思うし。






真面目にセクロス語ったら2時になってた。アホスwww


体がもたないのでそろそろ寝ます

スポンサーサイト

テーマ : ちょこっとエッチ - ジャンル : 恋愛

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。