スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二指腸潰瘍手前まで追い詰められたワケ②

ストレス性のものだとわから、親や親戚や医者からは

『何がストレスなの?』

と聞かれました。

特に母の口調には

『あんたみたいに好き勝手生きてる人間に何のストレスがあるの

という疑問・避難も含まれているような気がしました。


彼氏と身近な友達以外には『仕事が原因』としか話していないので、親からは『あんたそんなんで社会人になれるん』とか言われてしまっていますが、

実際にはこの夏~冬にかけて、いろんなことがあったんだぜ…。だからだんだんと弱っていったんだぜ…(´・ω・`)


8月

・バイト週5

・頼りにしていた乙一がバイトを辞めると報告を受ける(他のバイトも何人か消える)

・当時付き合っていた彼氏に疑問を感じていることを認めざるをえなくなる

・仕事場に好きな人ができる


※この時はまだ元気だったけど、付き合っていた彼氏のこと(別れるか否か)を考えると憂鬱で、たまに吐き気がした(これぐらい)

9月

・好きな人(今の彼氏)と急接近。元彼と別れたいが、別れられず悩む

・朝のバイトの女の子が続かず、仕事が全然楽にならない。乙一がいなくなって急にしっかりし出す反面、かなりプレッシャーを感じていた


※この時が多分ギリギリライン


10月

(前半)

・内定式。課題に泣きそうになる

・付き合っていた彼氏と別れ、今の彼氏と付き合い出す

・友達だった女の子と揉める(継続)

(後半)

・仕事場で社員の移動があり、人手がなくなる(継続)

・彼氏との付き合いに関してはお母さんの文句が多くなる(継続)

※人手と同時に社員・バイトにも余裕がなくなってきたのがこの頃

11月

・深刻な人手不足

・仕事が覚えられず、思うようにいかず、焦る(継続)

・課題が手付かずで焦る(継続)

(後半)

・マクドで下痢×2

※このへんから体を壊し始める
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。